マスノスケ

どうもこんにちは〜

今日のお題はマスノスケって

マスノスケってお魚みなさんご存知でしょうか?

なんだかサザエさんのマスオさんの親戚にいそうな名前ですが

ではではキングサーモンといえばおわかりでしょうか?

鮭界の王様ですね

日本でも北海道なんか北のほうではとれます

北に行けば行くほど生物は大きくなる傾向があるのでその。一例といえるのではないでしょうか

さてこのマスノスケ実はうちに剥製があります

大きさは1m20くらいですね

鮭としてはかなり巨大ですが

これを釣ったのは父親で当時はアラスカで釣ったそうです

もう20年以上も前の話

アラスカの広大なフィールドで捜索範囲は一つの県くらいのなかで3〜4箇所ほどしかないそうです

つまりマグロ漁船といっしょでひたすら探す作業

それでも湖ではなく川なので入り組んでいて探すのはもっと大変です

キングサーモンは脂がのっており美味とされています

希少価値が高く、特にいくらは絶品だそうな

父親はもっと多な個体を釣ったそうですが、剥製にするにはお金がかかるほどの大きさらしく食べてしまいました

私が小さかった頃その個体を見ましたがとんでもない大きさでした

今よりも航空券が安かった時代だったらしく色々と融通が利いたんでしょうね

でも当時はPEラインなんて存在しなかった

父親はもう釣りをやめたのでPEの存在はもちろんしりません

太いナイロンの糸で飛ばないルアーをひたすらキャストしていたと考えるとなんだか修行だなと

トリプルだと木に引っかかるらしくシングルでしかもルアーもロストが多く100個単位で買ったらしいです

こんなルアーに食うのかっていうようなルアーでしたw

それでも釣れる確率の低い魚を釣るんだから立派だよ

今行くとしたらいくらくらいかかるのだろう

道具揃えて滞在費交通費

百万じゃ足りないなぁ…

一度は釣ってみたいですね

マスノスケ、キングサーモン


この記事へのコメント